書籍一覧

游学社の書籍一覧です。表紙クリックで詳細が見られます。

■教養

教養の場としての英文読解
かつて『チョイス』という名の英語教材があった 続・チョイス 受験英語だからこそ英語が話せるようになる
教養の場としての
英文読解
かつて『チョイス』と
いう名の英語教材
があった
続・かつて『チョイス』
という名の英語教材
があった
受験英語だからこそ
英語が話せるようになる
白氏文集はもんじゅうかぶんしゅうか
傍訓論語 編訳 中国歴史文献学史述要 音読論語
白氏文集は
<もんじゅう>か
<ぶんしゅう>か
傍訓論語 編訳
中国歴史文献学史述要
音読論語
抱腹!!イタリアンジョーク
三島由紀夫と夏目漱石のナルキッソスたち 昭和歌謡で解き明かす漢詩のヒミツ 感ジテ!漢詩 暮らしの中で知る漢字のヒミツ 漢字ル!世界
抱腹!!
イタリアンジョーク
三島由紀夫と
夏目漱石の
ナルキッソスたち
昭和歌謡で解き明かす
漢詩のヒミツ

感じて!漢詩
暮らしの中で知る
漢字のヒミツ

漢字ル!世界
漢書注釈書研究      
漢書注釈書研究      



■実用書

アルティショ(北米原産キクイモ)×酸素水=がんを転移させない 増殖させない
新宿の母二代目・幸せの条件 頼れる身近な弁護士 頼れる身近な弁護士        (法律事務所ガイドブック2010)
アルティショ×酸素水=
がんを転移させない
増殖させない
新宿の母二代目・
幸せの条件
頼れる身近な弁護士
(法律事務所ガイド
ブック2010)
頼れる身近な弁護士
「病気のサイン」を見逃さないで!ペットの健康手帖
理想の葬儀のかたち 「安心・安全」の高齢者ホーム 「安心・安全の高齢者ホーム」の選び方
「病気のサイン」を
見逃さないで!

ペットの健康手帖
理想の葬儀のかたち 「安心・安全」の
高齢者ホーム
「安心・安全の高齢者
ホーム」の選び方



■社会

古典に学ぶ 民主主義の処方箋
天ぷら油がスカイツリーを灯す日 憲法決壊!「集団的自衛権」の正体 憲法決壊2
古典に学ぶ
民主主義の処方箋
天ぷら油が
スカイツリーを灯す日
憲法決壊!
憲法決壊2
さよなら?
原発 総被曝の危機 歓楽街の社会学 世紀を超えて、見つめ続けた激動のアジア 3.11FUKUSHIMA 放射能汚染の555日
さよなら? 原発 総被曝の危機 歓楽街の社会学
3.11FUKUSHIMA
放射能汚染の555日
イサハヤ −見殺しにされる地球(イサハヤヒガタ)を誰が守るのか− ディプソルvol.1 ディプソルvol.1 多様性社会の再生 ドミニカ共和国日本人農業移住者50年の道
青雲の翔
イサハヤ
−見殺しにされる地球を
誰が守るのか−
ディプソルvol.1
ディプソルvol.01
多様性社会の再生
ドミニカ共和国
日本人農業移住者50年の道

青雲の翔
イサハヤ −見殺しにされる地球(イサハヤヒガタ)を誰が守るのか−
身近な法律小事典



■映画

浴衣カウボーイ YUKATACOWBOY
本晋也×野火 若松孝二 キャタピラー 若松孝二 海燕ホテル・ブルー
浴衣カウボーイ YUKATACOWBOY 本晋也×野火 若松孝二
キャタピラー
若松孝二
海燕ホテル・ブルー
若松孝二 11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち
若松孝二 千年の愉楽 若松孝二の時代を撃て! 若松孝二 実録・連合赤軍 あさま山荘への道程
若松孝二
11.25自決の日
三島由紀夫と若者たち
若松孝二
千年の愉楽
若松孝二の時代を撃て! 若松孝二
実録・連合赤軍
あさま山荘への道程




 



 

 

 

 
音読力

■著者:山口謠司
■四六判/本文232頁/1,400円+税/2017年
■ISBN978-4-904827-45-1

■読み違いしないためには、「音読力」を身につけることが必至─と提唱する、第29回和辻哲郎賞を受賞した山口謠司が、間違えやすい99語を選び出し、分かりやすく解説しています。音読したい名文、使いやすい例文つき。
 安倍首相も「云々」を「でんでん」と読み間違えた!「破綻」「未曾有」「措置」「踏襲」「雑駁」……。日本のトップも錯謬する晦渋な日本語。世に出て頓挫しないための「音読ノススメ」!





 

 

 
 
漢書注釈書研究

■著者:洲脇武志
■A5判/本文472頁/6,000円+税/2016年
■ISBN978-4-904827-43-7

■どの『漢書』注釈書を使用したかによって、『漢書』本文の理解に相違が生じ、注を付けられた文章の解釈も変化する可能性が生じる。書き手(または読み手)がどの『漢書』、どの『漢書』注釈書を使用したか、或いは折衷していたのかなど、その受容の実態を明らかにすることは、当時の『漢書』の読み方を理解する上で重要であり、『漢書』の注を多く引用している注釈書―『文選』李善注・『後漢書』李賢注・『史記索隠』・『史記正義』などーや、その本文を唐代の人々がどのように読んでいたかを考える上でも重要な問題であるといえよう。
 そこで、本書では、初唐における『漢書』注釈受容の実態を解明するために、主に初唐に編纂された注釈書に引用されている『漢書』注釈を検討・考察していく。





 

 

 
 
暮らしの中で知る漢字のヒミツ
漢字ル!世界

■著者:山口謠司
■四六判/本文240頁/1300円+税/2016年
■ISBN978-4-904827-41-3

■漢字はどのようにして誕生したのか。中国の長い歴史の中で、漢字はどう変化して今の簡体字に至ったのか。また日本に移入した漢字は中国とは違った変化をとげた。それはどのような理由によるものなのかを、日常の暮らしの中から具体例を取り上げて解説しています。食べること、飲むこと、見ること、聞くことから知る漢字、きっと、面白い発見が見つかるかもしれません。






 

 

 

 
昭和歌謡で解き明かす 漢詩のヒミツ
感じて!漢詩

■著者:山口謡司
■四六判/本文224頁/1300円+税/2016年
■ISBN978-4-904827-40-2

■著者が選んだ漢詩を、サザンや長渕剛、中島みゆきからさだまさしまなど具体的な昭和歌謡(Jポップ)のイメージを重ねて、漢詩の面白さを解説し味合わせてくれます。有名な杜甫や白居易だけでなく、無名な日本人の漢詩にも光を当ていることにああ、なるほど,そうだったのか≠ニ思えるかも知れません。






 

 

 

 
ドミニカ共和国 日本人農業移住者50年の道
青雲の翔

■編集:嶽釜 徹
■A4判/本文376頁/6,500円+税/2016年
■ISBN978-4-904827-40-6

■「カリブ海の楽園」を信じて海を渡ったドミニカ移住者たちを待っていた苛酷な現実。棄民とまでいわれた国策ドミニカ移民とは何だったのか。移住50執念の2009年に移住者たちの手で編纂された貴重な資料集です。
当事者たちの手記、証言、インタビュー、次世代の声、国賠訴訟裁判関連資料、年表ほかを収録。






 

 

 
 
身近な身近な法律小事典

■弁護士法人 東桜法律事務所
■A5判/本文80頁/800円+税/2016年
■ISBN978-4-904827-38-3

■「法律」とは、私たちの暮らしや仕事を守る最強ツールです。法的な思考に馴染んでおくことが、生活や仕事の様々な場であなたのトラブルを事前に回避、あるいは最小限のダメージに抑えることにつながります。
中小零細事業主の方や不動産所有者の方をメインに、日本あるいは中国での事業展開に役立つ法律知識を分かりやすく項目ごとに解説しています。






 

 

 

 
古典に学ぶ
民主主義の処方箋


■著者:石井登志郎
■四六判/本文215頁/1400円+税/2016年
■ISBN978-4-904827-39-0

■リップマン、ルソー、トクヴィル、ヴェーバー、バーク、福沢諭吉、斎藤隆夫……本書には、民主主義の真の実現を決して諦めようとしなかった先人たちの古典の名著が数多登場。
「異なる価値観を持った人々が共に暮らす社会は、異論を排しない社会です。少数の意見を排しないで、落としどころを探して行く。そのために代議制民主主義という制度が設計されたのです。議員と有権者の二人三脚が機能して初めて、代議制民主主義はその真価を発揮します。私はそう信じて、今まで「政治バカ」の道を走り続けてきました」と語る著者が、古典を紐解き先人たちの思索を辿りながら、機能不全に陥った民主主義を再生させるための処方箋を見出すべく思索を深めて書き上げた1冊です。





 

 

 
 
浴衣カウボーイ
YUKATA COWBOY


■著者:緒方篤
■A5判/本文80頁/787円+税/2016年
■ISBN978-4-904827-37-6

■「笑いは世界をつなぐ!」を合い言葉に、浴衣にカウボーイハットの男が投げ縄を振り回す!
日本生まれ、育ちはイギリス・アメリカ・日本を点々とし、日本でもアメリカでもアウトサイダーな流れ者YUKATA COWBOY。彼が世界各地で体験したカルチャーギャップを英語によるショートコメディに仕立て上げたのが、オンライン配信され世界各地の映画祭で受賞している『YUKATA COWBOY』シリーズ。脚本・演出・主演・撮影全て、この本の著者であるYUKATA COWBOYこと緒方篤その人が担当する。
日本語・英語の完全バイリンガル仕様で、全30エピソードをカラースチール&監督のコメンタリーで解説。ユーモアのセンスも文化も英語も学べるかもしれない、前代未聞のクロスカルチャー・コメディブック!

 

 

 
 
アルティショ(北米原産キクイモ)
×酸素水=
がんを転移させない 増殖させない


■著者:金子保広
■A5判/本文176頁/1300円+税/2015年
■ISBN978-4-904827-36-9

■全国の糖尿病・がん患者さんたちの相談に乗り闘病生活を支えながら、医療現場との橋渡しをしてきた著者。治療の一助にとおすそ分けしていたアルティショを食べ続けていた患者さんたちから「血糖値が下がった」「腫瘍が小さくなった」「腫瘍マーカーが下がった」との報告が相次いで寄せられ、同時に検査結果の膨大なデータが集まりました。これらのデータへの注目が高まり、茨城大学農学部でアルティショの抗がん作用についての共同研究を開始。その結果、アルティショの強い抗がん作用と、アルティショ×酸素水の効果が明らかになったのです。
闘病中の患者さんたちから寄せられた腫瘍マーカーの推移や血液データとともに、闘病の中で著者が耳にしてきた喜びの声・目にしてきた無念の涙、そしてがんのメカニズムや完治までのプロセスについて記された画期的な一冊です。


 

 

 
 
憲法決壊2
「戦える日本」に変貌させた
戦後70年史上最大の解釈改憲の実態


■発行:游学社
■A5判/本文96頁/800円+税/2015年
■ISBN978-4-904827-35-2

■どのような審議が尽くされ、あるいは尽くされないまま法案は可決成立したのか。今回の政権の暴走はなぜ起きたのか。数ヶ月に及ぶ国会の攻防を記録し、世に問うための緊急出版です。
8月に出版した「憲法決壊!集団的自衛権の正体」では衆議院特別委の議事録を中心にまとめましたが、この第2弾では、参議院特別委の議事録及び安保法要綱の全文をポイント解説入りで掲載しています。2冊併せることで戦後の歴史の転換点ともいうべき2015年の「安保関連法」強行採決に至る衆参特別委の審議のプロセスと内容の記録となり、その全体像を記憶にとどめていただけると思います。
賛成と判断するにせよ、廃案を求めていくにせよ、内容を理解するための一助にしていただければ幸いです。


 

 

 
 
続・かつて『チョイス』という名の
英語教材があった

■著者:斎藤雅久
■A5判/本文232頁/2000円+税/2015年
■ISBN978-4-904827-31-4
■格調高く世界観に奥行きのある質の良い英文は受験英語の枠を超え、若者たちの知的好奇心を刺激し彼らを強く惹きつけました。そんな伝説の英語教材、『チョイス』の世界をよみがえらせた教養英語シリーズの最新刊。
『教養の場としての英文読解』著者の的確で立体的な構文解説と縦横無尽に広がる考察。
示唆に富む英文との格闘に知的興奮が高まります。



 

 

 
続・かつて『チョイス』という名の英語教材があった
 
憲法決壊!「集団的自衛権」の正体
〜安倍『安保法制』を徹底解剖〜

■発行:游学社
■A5判/本文88頁/800円+税/2015年
■ISBN978-4-904827-33-8

■集団的自衛権の行使容認、戦後の安保政策を大転換させる「安全保障法制」が衆院で強行採決! 審議を尽くしたというが、与党議員から「みなさんが法案をすべて理解するなんて不可能」との発言が飛び出す始末。政府は国民の疑問に答えたのか!? この国のあり方を左右する重要法案強行採決という異常事態を解剖する!

高野孟子 問題!安倍「安保法制」
・安保法制特別委員会審議の実態
・110時間超の答弁は空回りばかり。
 その安保議事録を読み解く



 

 

 
 
本晋也×野火

■監修:本晋也
■編集・発行:游学社
■A5版/本文104頁/926円+税/2015年
■ISBN978-4-904827-32-1

■戦争文学の金字塔・大岡昇平氏原作の『野火』を戦後70年の今、鬼才・本晋也が気迫の自主制作によって映画化!
本監督監修のもと、巻頭カラー本編スチール写真&監督メッセージほか、これまでの本作品から今回の野火制作に至った心中に肉迫する本晋也×宮台真司の対談、注釈つき完成台本、直筆絵コンテなどを収録。
原作の舞台となったレイテ戦とは、一体何だったのか。そこには何があったのか。戦争なるものの本質に迫るべく作品の内側、側面、裏側までえぐったディープな一冊。

野火公式サイト公開中です。

 

 

 
塚本晋也×野火
 
下町からの戦後70年談話
天ぷら油がスカイツリーを灯す日

■著者:染谷武男
■A5判/本文68頁/600円+税/2015年
■ISBN978-4-904827-31-4
■使い終わって棄てられる大量の天ぷら油。なんとその廃油で車が走るんです。
著者は「ECO」や「リサイクル」と言った言葉が注目されるはるか前から、廃油回収とその資源化に携わってきた下町のユニークなリサイクルおじさん・染谷武男さん。廃食油を燃料化する「バイオディーゼル燃料化」の構想を実現させ、エネルギー界に新風を巻き起こした彼の、波瀾万丈の人生とエコエネルギーにかける情熱、そしてこれからの未来につながる取り組みの情報をマンガで分かりやすくまとめました。天ぷら油をそのまま使用する発電機の開発など、近年の取り組みはエコエネルギーの新しい可能性を示してくれます。
平和で持続可能な世界のために、スカイツリーのもと、下町からおくる戦後70年談話です。

 

 

 
天ぷら油がスカイツリーを灯す日
 
かつて『チョイス』という名の
英語教材があった


■著者:斎藤雅久
■A5判/本文200頁/1600円+税/2015年
■ISBN978-4-904827-30-7
■大好評、斉藤雅久・著『教養の場としての英文読解』待望のシリーズ化!
予備校華やかなりし1980年代、哲学や文学を題材に、格調高く豊富な内容を備えたある英語のテキストが存在し、受験英語の枠を超え多くの若者たちに感銘を与え、知的興奮の世界へと強く惹きつけました。その伝説の名著、『チョイス』の英文が30年以上の時を経て、今鮮やかに蘇ります。
著者による的確で立体的な構文読解と、深淵なる考察により英文を精読し、筆者の意図を正確に把握して読み解き、そしてそこから文化への理解、教養を深めていく。示唆に富むハイレベルな英文と知的な格闘をし、この本を読み終えた時には、圧倒的な達成感と教養の広がりを実感できることでしょう。



 

 

 
 
新宿の母二代目・幸せの条件
究極の占い哲学 40の対話

■著者:栗原達也
■四六判/本文208頁/1300円+税/2014年
■ISBN978-4-904827-29-1

■300万人の母といわれるカリスマ占い師、『新宿の母』の一人息子である著者。知られざる『新宿の母』との親子の葛藤を乗り越え、その背中を見つめ続け紆余曲折の人生の果てにたどり着いた「究極の占い哲学」。波瀾万丈な人生を生きぬいた彼だからこそ、紡ぎ出す言葉は悩める相談者のこれからを明るくてらしだしてくれます。
本書では寄せられた40もの相談と、それに対する栗原氏の解答を対話形式で綴りました。相談の内容も色々あれば、相談者の人生や人柄もそれぞれ。時には優しく励ましきっぱりと答えを示し、またある時は真摯に叱咤してくれる栗原氏の、母親ゆずりの人情味あふれる占い哲学をご堪能ください。
 

 

 
 
音読論語

■編者:山口謠司
■四六判/本文208頁/1500円+税/2014年
■ISBN978-4-904827-28-4

■ 孔子やその弟子が生きていたのは、戦国時代に突入する前夜の時代でした。中国大陸を統治していた王家が権威を失墜し、王が王たる権力を示せなくなり、それを支えていた諸侯たちが各地で自ら王を名乗り始める混沌とした世の中。そんな中で、『礼』という秩序の再興を叫んだのが孔子だったのです。孔子の説くいつどんな状況であっても人々が守るべき普遍的な規律は、数多の弟子にだけでなく、現代に生きる我々にも通じる教えを授けてくれます。
本書では、論語20編、全文の本文、読み仮名つきの書き下し文を掲載。巻末資料として、登場人物略伝・春秋時代&戦国時代の中国地図・孔子略年譜を収録しています。ぜひ論語を音読して、漢文の粋なるリズムを味わってください。


 

 

 
 
編訳 中国歴史文献学史述要

■著者:曽貽芬・崔文印
■訳:山口謠司・石川薫・洲脇武志
■A5判/本文248頁/2500円+税/2014年
■ISBN978-4-904827-26-0
■2000年4月に出版された原著『中国歴史文献学史述要』を邦訳。
孔子の六経から『永楽大典』に至るまで、中国の様々な歴史文献について解説。

驚くべき視点と深い考察、そして資料の読み込みにより、書物に内的歴史性を求め、精神的に深く正面から文献を捉えた画期的な著作。


 

 

 
 
生き方死に方ノート
理想の葬儀のかたち

■監修:柴田典子、相澤由佳
■制作:游学社
■B5判/本文144頁/1300円+税/2014年
■ISBN978-4-904827-25-3
■自分の、または近しい人の「お葬式、どうしようか」?高 齢化、核家族化、孤独死への懸念、宗教への不信、経済的問題などの社会的背景の変化に従い、現代の葬儀や供養のスタイルは多様化しています。本書ではそんな新時代の葬儀をご紹介するとともに、信頼できる葬儀社の見分け方、相続やシニアをめぐる様々なトラブルについて、また来る終わりの日に向かってどう生きればいいのか&宗教者が果たせる役割とは何かを問うご住職への特別インタビューなどを掲載。有終の美を飾るための、理想の葬儀のかたちがきっと見えてくるはずです。

理想の葬儀を考える特設サイト

 

 

 
 
受験英語だからこそ
英語が話せるようになる

■著者:松井道男
■A5版/本文216頁/1400円+税/2013年
■ISBN978-4-904827-23-9
■学生時代、受験勉強で単語・文法・構文はしっかり勉強してきたと思う。だけど、英語が聴き取れない・話せない……。
そんな受験英語経験者に贈る、まったく新しい英語教育プログラムが誕生!河合塾の元英語主任講師であり、中高一貫校で採用されたTREASURE開発者の松井道男氏が考案・実証した、
@受験英語で習得した英文読解力を蘇生させる
A蘇生された「読解力」を、聴けて話せる「英語力」に転化させる
英語上達のミラクルメソッドを徹底解説。
受験英語を経験した社会人必見の、21世紀グローバル社会対応型英語習得プログラムを大公開する一冊です。

 

 

 
 
三島由紀夫と夏目漱石の
ナルキッソスたち

■著者:中広全延
■四六版/本文180頁/1400円+税/2013年
■ISBN978-4-904827-22-2
■天才は、往々にして自分のことが大好きだ。
自分が特別な存在と信じ、過剰な賞賛を求める。しばしば他人に嫉妬する。時として、尊大で傲慢だ――。 “自己愛”について、精神科医・中広全延氏が徹底的に診断を重ねたのが、日本の国民的作家『三島由紀夫』と『夏目漱石』の両名。1970年に非業の割腹自殺を遂げた三島由紀夫と、夏目漱石の代表作『こゝろ』の中心人物「先生」には、“自己愛”に根ざしたある共通点があるという……。

最新の精神医学から、文化の巨人を読み解く一冊。文学好きの方にもおすすめです。

 

 

 
頼れる身近な弁護士
(法律事務所ガイドブック2013)

■制作・発行:游学社
■B5版/本文156頁/1200円+税/2013年
■ISBN978-4-904827-21-5
■「法律事務所ガイドブック2010」より3年、さらにパワーアップした「頼れる身近な弁護士」ガイドブックが完成しました!
裁判員制度に迫った「司法コメンタリー」・新たな「闘う弁護士たち」の最前線ルポや弁護士たちが自ら選んだ「自分が頼みたいと思える弁護士」の全国リストもさらに充実。
相続に離婚に労働争議、遺書の作り方からセクハラ対処法まで、生活の中で起こりうる問題を法律を武器に解決していくための「家庭の法律書」の決定版!
類似本なき法律バイブルです。
 

 

 

傍訓論語


■著者:神鷹徳治
■四六版/本文188頁/1400円+税/2013年
■ISBN-10:4-904827-20-8
■明治大学文学部教授が教える、「もっとも読みやすい論語」で、“漢文”のリズムを楽しもう!
本書は、江戸前期刊と言われる『傍訓論語』の影印本です。
高校時代の漢文でもおなじみだった「訓点」と共に文脈に即した音訓の漢字の「読み」が付されており、辞書なしで論語の原典を楽しむことができます。
“漢文”のテキストにもオススメの一冊です。

 

 

 

若松孝二の時代を撃て!


■編集:大友麻子
■協力:MUSICBIRD/若松プロダクション
■発行:游学社
■B5変形/本文264頁/1400円+税/2103年
■ISBN-10:4-904827-19-2
■若松監督の声がいま、蘇る!珠玉の対談集

遺作となった「千年の愉楽」が全国劇場にて絶賛公開された若松孝二監督。1997年から2001年にかけては、TOKYO FM の衛星デジタルラジオ「MUSICBIRD」で各界で活躍する著名人とのトーク番組を行っていました。本書はその対談から17本を厳選し、掲載しています。
井筒和幸監督、俳優の原田芳雄さん、阪本順治監督、相米慎二監督など映画関係者に加え、漫画家の赤塚不二夫さん、シナリオライターの佐々木守さん、作家の町田康さん等、様々なお相手との対談は、時代を語り、思いを語りあう、ディープでタブーのない対話となっています。
若松監督の声とともにあの時代が蘇る、そんな一冊です。

 

 

若松孝二 千年の愉楽


■監修:若松孝二
■発行:游学社
■B5版/本文128頁/1000円+税/2013年
■ISBN-10:4-904827-18-5
■鬼才・若松孝二監督、急逝。
はからずも遺作となった映画『千年の愉楽』(中上健次原作・2012年ベネチア国際映画祭正式招待作品)が、2013年3月より全国にて順次公開されました。本書はその唯一の、公式ブックです。

主演の寺島しのぶさん、高良健吾さん、高岡蒼佑さん、染谷将太さん、井浦新さん等のインタビューのほか、原作『千年の愉楽』の世界の解説、完成台本や撮影日記、そして映画監督・若松孝二の最期の言葉と、満載の内容です。
若松監督最後の叙事詩を、映画館で、本書で、存分に味わって下さい。
 
 

 

 

抱腹!!イタリアン・ジョーク


■著者:赤尾泰子、C・カッチャプオティ
■四六版/本文224頁/1300円+税/2013年
■ISBN-10:4-904827-14-7
■イタリア半島に500年以上伝わる民話・笑話(バルゼレッテ)を、世界一おちゃめな国からお届け。
バルゼレッテの根底に流れるのは、イタリア人特有のからかい癖や批判精神。女と男、姑、おまわりさん、あの世とこの世、前大統領……。内容にタブー感覚がほとんどないのも特徴で、セクシー&ブラックな話題も大胆にジョークにしてしまうのがイタリア人のすごいところ。
前著『不思議の国からの訪問者』でおなじみ赤尾泰子さんと、生粋のイタリア人C・カッチャプオティさんが、少しずつ書き溜めたバルゼレッテをまとめたのが本著。挿絵は赤尾さんのご子息で、イタリア在住の赤尾悠さんが担当。

40点以上の美麗なイラストと共に、洗練されたイタリアン・ジョークの世界をご堪能ください!!

 

 

 

教養の場としての英文読解


■著者:斎藤雅久
■A5版/本文280頁/1800円+税/2012年
■ISBN-10:4-904827-16-1
■速読中心の実用英語や小手先の英語力ではもう、通用しない!

著者・斉藤雅久氏は河合塾・駿台予備学校で35年にわたって英語を教え続けてきた経験豊かな講師。洗練された英文を例題に用い、平易な文法の解説と明解な構文の説明を展開。
また、その時代背景や作者の心理にまで踏み込んだ「解説」は従来の類書には無いもの。受験生はもちろん大学生、社会人……あらゆる読者を知的興奮の世界へと誘います。

大好評につき、続々シリーズ化!
【第二弾】かつて『チョイス』という名の英語教材があった
【第三弾】続・かつて『チョイス』という名の英語教材があった
 
 

 

 

白氏文集は
〈もんじゅう〉か〈ぶんしゅう〉か


■著者:神鷹徳治
■四六版/本文104頁/1200円+税/2012年
■ ISBN-10:4-904827-17-8
■漢文の授業でもおなじみの、中国の詩人・白居易。その代表的作品集『白氏文集』について、(はくしもんじゅう)という読み方で覚えた人も多いことでしょう。
「しかし、これは正しいのでしょうか?本当は、(はくしぶんしゅう)と読むのではないでしょうか?」――当時高校教師で、現在明治大学文学部教授である著者に寄せられた、高校生からの質問。その謎を調べてみると、漢文に対する意識の興味深い変遷があったのです。

ひとつの小さな謎をめぐり、著者と共に巡る、奥深い漢文の世界へようこそ!

 

 

 

歓楽街の社会学
世紀を超えて、見つめ続けた激動のアジア


■著者:三留理男
■編集・発行:游学社
■200×222mm/本文144頁/1900円+税/2012年
■ISBN-10:4-904827-15-4
■世界の紛争地域や辺境の地、アジアの混沌などを撮り続けた、国連恒久のIDを持つフォト・ジャーナリスト三留理男氏の集大成。

タイ、カンボジア、ベトナム、ビルマ、フィリピン、インドネシア、台湾の7地域を40年以上も追い続け、記録した数々。歓楽街で働く人々の姿を通して、その背後にあるもの、地方の歴史や現状へとアプローチしていくまなざしは、氏ならではのものです。

 
 

 

 

さよなら?


■著者:文/青木明節、絵/岡本颯子
■発行:游学社
■A5版/本文48頁/1000円+税/2012年
■ISBN-10:4-904827-13-0

■生意気で愉快な少女ルイと、ある日転校してきた不思議でおかしな少年Aくんの、不可解で普通じゃないただの日常の出来事。

人生は 悲しくて楽しくて残酷で、面白い絵本みたいだ。――
『こまったさん』シリーズでおなじみの絵本作家・岡本颯子さんと、編集者だった夫・青木明節氏がコラボした絵本。多感な少年少女期の一断面を見事に捉えた作品です。
少年少女だけでなく、人生をいささかわかり始めた"おとな"たちにもぜひ読んでほしいと、お二人は願っています。
 

 

 

3.11FUKUSHIMA
放射能汚染の555日


■著者:三留理男
■編集・発行:游学社
■200×222mm/本文144頁/1900円+税/2012年
■ISBN-10:4-904827-11-6
■土門拳賞を受賞した国連IDを持つ報道カメラマンの三留理男は、3.11以降の放射能汚染の現場。
安全宣言から一転、全村避難に翻弄された飯館村の一年。残留を決意した人。強制的に処分された子牛たち。もぐ人のいなくなった柿の木。事故後急増した放射能汚染物質のドラム缶。脱原発後の新エネルギーの現場、官邸前や代々木公園、大飯原発の反原発運動の現場も。
 
 

 

 

「病気のサイン」を見逃さないで!
ペットの健康手帖

●編集:游学社
●発行:游学社(2012年)
●A5版 本文166頁
●1100円+税
●ISBN-10:4-904827-09-3

●「頼れる身近な弁護士」「安心・安全の高齢者ホーム」につづく、游学社のガイドブックシリーズです。

動物を飼う前に気を付けたいことは?
動物病院で働いているのはどんな人?
獣医師会とは?
よい動物病院を見分けるポイントとは?
ペットの衣食住の最前線は?
犬と猫の主な病気と治療とは?
動物のお葬式の考え方は?・・・
そして、
動物医療最前線ルポと
ヒアリングや口コミでセレクトした
首都圏の頼れる動物病院リスト付き!

大切な家族の一員の健康を守るために
きちんとした動物病院にかかりたいと願う、
全ての飼い主さん、必携のガイドブックです!

◎病気のサインを見逃すな
◎動物を飼う前に知っておきたいこと
◎動物にまつわる社会問題を考える
◎頼れる動物病院最前線レポート
★首都圏170頼れる身近な動物病院リスト付!
 

 

 

スマートシニアのための
「安心・安全の高齢者ホーム」の選び方

●編集:游学社
●監修:みんかい
●発行:游学社(2012年)
●B5版 本文192頁
●1300円+税
●ISBN-10:4-904827-12-3

●高齢化社会が進行する中、高まる高齢者ホームへのニーズ。しかし、介護を取り巻く環境は日々変化し、多様なホームが登場しています。

自分にピッタリの「終の棲家」は一体どこにあるのでしょうか?相談センター最大手「みんかい」が教える、安心・安全の高齢者ホームの見抜き方。

○ここまで来たスマートシニア:若松孝二ほか
○高齢者ホーム最前線
○見学のチェックポイント
○高齢者ホームと介護の最新事情 ほか

特設ホームページこちらから
 

 

 

若松孝二 11.25自決の日
 
三島由紀夫と若者たち

●監修:若松孝二
●発行:游学社(2012年)
●B5版 本文128頁
●1000円(税込)
●ISBN-10:4-904827-10-9

●2012年のカンヌ国際映画祭ある視点部門正式招待作品!三島由紀夫役の主演の井浦新の熱演に世界が注目した。

本書は、同作品の唯一の公式ブック。元楯の会班長インタビューや、松本健一、菅孝之、佐藤信らの三島由紀夫論、鈴木邦男、田原総一朗らの寄稿、監督や井浦新、満島真之介インタビュー、三島の生きた時代をたどる年表に完成台本など、全128ページ。
 

 

 

若松孝二 海燕ホテル・ブルー

●監修:若松孝二
●発行:游学社(2012年)
●B5版 本文72頁
●1300円(税込)
●ISBN-10:4-904827-08-6

●船戸与一氏の同名の原作を、
鬼才若松孝二が映画化!

本書は、同映画唯一の公式ブックです。船戸与一と若松孝二の対談、若松組常連俳優となった井浦新らキャスト座談会、「実録・連合赤軍」で初タッグを組み、本作でも音楽を担当したジム・オルークインタビューほか撮影日誌も。ジムによるサントラCD付き!
 

 

 

原発 総被曝の危機

●編集:原子力行政を問い直す宗教の会
●発行:游学社(2011年)
●四六版  本文256頁
●1300円+税
●ISBN-10:4-904827-07-9

●史上最悪の原発事故はどうして起きたのか!
12年前の東海村臨界事故の経験はなぜ生かされなかったのか――。

原発のあり方を問い続けた「原子力行政を問い直す宗教の会」が、今こそ原発のあり方を一人ひとりみずからに問い、いかに行動するかを提言した書です。

※本書は、2001年に編集したものを加筆し編集しました。
 

 

 

ディプソルVol.1
多様性社会の再生

●編集:游学社・フリーハンディキャップ協会
●発行:游学社(2011年)
●A5版  本文160頁
●952円+税
●ISBN-10:4-904827-06-2

●「弱者」って、誰のことだと思いますか?特別に弱い人ですか?はっきりとわかる障がいを持っている人ですか?

3・11の未曾有の大災害は、私たちのこれまでの価値観を大きく揺さぶりました。安全・成長神話はガラガラと崩れ去りました。私たちが、一人ひとりの存在の弱さに気付いたとき、被災地で最も置き去りにされている障がいを持つ人たちの存在にも気付くことができました。

弱い人に優しくない人は、強い人にも優しくない社会。だって、誰もが、強さと弱さを併せ持つ存在だからです。

ディプソルは、游学社の「社会を思考するシリーズ」としてスタートしました。記念すべき第一号は、「障がい」を持つ人たちにフォーカスしました。そこから見えてくるのは、社会のいろいろな縮図。矛盾も可能性も不協和音の魅力も…。

 

 

 
ディプソル
「安心・安全」の高齢者ホーム
●編集:游学社
●監修:ASFON
●発行:游学社(2010年)
●A5版  本文256頁
●1300円+税
●ISBN-10:4-904827-03-1

●急速に拡大、増大する民間の高齢者ホーム。一方で、病院から退院を迫られ、その後の生活不安を抱える「介護難民」も増加。終の住処として入居したホームと相性があわずにトラブルになるケースも出ています。

老老介護の時代が到来した今、ニーズも受け皿の選択肢も増えているのに、不足しているのは正確な情報。

高齢者ホームの種類は?介護保険制度のしくみ、使い方は?良いホームを見分けるチェックポイントは?…そして、安心・安全なホームはどこか?

安心の老後を迎えるために、自分にとってベストな住まいを見つけたい。

民間介護施設紹介センターの協力のもと、編集部が総力取材!

首都圏1035ホーム「安心・安全」の住まいリスト付き!

高齢者ホーム選びの決定版です。

 

 

 
安心・安全の高齢者ホーム
若松孝二 キャタピラー
●編集:游学社
●監修:若松孝二
●発行:游学社(2010年)
●B5版  本文104頁
●1000円(税込)
●ISBN-10:4-904827-01-7

●鬼才・若松孝二の最新映画「キャタピラー」がいよいよ全国公開となりました!

主演の寺島しのぶが今年のベルリン国際映画祭で日本人3人目35年ぶりの銀熊賞(最優秀女優賞)を受賞した話題作です。

第二次世界大戦のさなか、四肢を失って帰還した傷病兵と銃後の妻を描いた衝撃の作品です。

本書は、今作品の唯一の公式ガイドブックとして、作品や作品のテーマとなっている戦争について、さまざまな角度からアプローチしました。

若松監督や寺島しのぶさんのインタビューはもちろん、半藤一利さんや鳥越俊太郎さん、田原総一朗さんらの寄稿、元BC級戦犯死刑囚や沖縄集団自決体験者の証言、昭和の大戦を読み解くデータや年表、完成台本までついた、読み応えある一冊です。

上映劇場や全国書店にて絶賛発売中!

 

 

 
CATERPILLAR
頼れる身近な弁護士
(法律事務所ガイドブック2010)
●制作:游学社
●発行:游学社(2009年)
●B5版  本文160頁
●900円+税
●ISBN-10:4-904827-00-0

●裁判員制度も始まった。弁護士の数はどんどん増えている。離婚、相続、破産、交通事故、遺言、リストラ、セクハラ、倒産、賃貸トラブル…誰もが巻き込まれる法的な諸問題。

司法はますます、市民の身近に…。

本当に?

未だに敷居の高い法律事務所。よく見えてこない弁護士の実態。紹介がなくても引き受けてくれるのか。費用はどれくらいかかるのか?弁護士に得意分野はあるのか。…そもそも、いい弁護士、頼れる弁護士とは?

尽きない弁護士への素朴な疑問に徹底してこだわりました。

編集部が総力取材、独自ルートで選び抜いた「全国の相談しやすい身近な弁護士」リストや、事例ごとのトラブル対処法など、役立つ情報を丁寧に取り上げました。

全国書店にて発売中です!

 

 

 
頼れる身近な弁護士2010
ディプソル vol.01
●制作:游学社
●発行:NPO法人台所油田
●A4版  32頁
●400円

● NPO法人「台所油田」が運営する、フリーハンディキャップ協会。障がいを持った人や高齢者など、社会的に弱い立場の人たちと共生できる地域社会づくりを目指して、様々な活動を展開しています。

その活動の一部として、游学社とともに、社会的なハンディキャップや様々な障がいを持った人々を支援する雑誌『ディプソル』を創刊しました。

障がいを抱える人と共に作り、販売し、そして売り上げの一部が障がいを抱える人自身や賛同団体の資金となる、まったく新しい雑誌です。

創刊号は、若松孝ニ監督・辛淑玉さんインタビューや中央線バリアフリー情報など、これからの福祉を考える上で興味深く、ためになる情報が満載です。

創刊号CONTENTS
・若松孝二監督インタビュー
「僕は絶対に、強者の側から描かない」
・辛淑玉さんインタビュー
「弱者に優しい社会は強者にも優しい社会」
・JR中央・総武線全駅
 バリアフリー度大チェック!
・ココ・ファーム・ワイナリー
・清瀬わかば会の取り組み
・共働の現場から スワンベーカリー
                など

 

 

 
ディプソル

この雑誌を購入したい人は
游学社(03-5337-0630)までご連絡ください

若松孝二 実録・連合赤軍
あさま山荘への道程
●編集:「実録連合赤軍」編集委員会+掛川正幸
●発行:朝日新聞社(2008年)
●A4版変形 本文220頁
●1400円+税
●ISBN-10:4-02-250359-6

●1972年の「あさま山荘」事件や12人の「粛清」で日本を震撼させた連合赤軍。その連合赤軍の軌跡を描いた映画『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』(若松孝二監督、2008年ベルリン国際映画祭で国際芸術映画評論連盟賞・最優秀アジア映画祭賞を受賞)の公式ガイドブック。元幹部の獄中からの手紙や元メンバーの発言のほか、「1960→1972 連合赤軍全記録」、撮影日記、出演者のメッセージ、音楽を担当したジム・オルークのインタビュー、雨宮処凜、鈴木邦男、森達也氏たちの寄稿を掲載。

 

 

 
実録・連合赤軍 あさま山荘
イサハヤ
−見殺しにされる地球
(イサハヤヒガタ)を誰が守るのか−
●編集:諫早干潟緊急救済本部
●発行:游学社(1997年)
●A5判 本文98頁
●700円

●諫早湾が閉め切られた97年に、緊急に出版されたブックレット。諫早湾干拓事業の経緯、問題点、代替案などが、わかりやすく紹介されています。諫早湾干拓問題の入門書ともいうべき一冊。
●目次
一章 イサハヤ干潟は世界の宝
二章 干拓事業の歴史
三章 農水省の言い分ここがおかしい!
四章 計り知れない開門の効果
五章 「ギロチン」のあとの干潟の現状
六章 計画によってもたらされるもの
七章 官財政腐敗のトライアングル
八章 干潟と共存するために
 

 

 
イサハヤ
書籍の購入をご希望の方は
游学社(03-5337-0630)までご連絡ください

書籍タイトル一覧に戻る



游学社on twitter 游学社on Facebook 游学社on blog 自費出版お手伝い致します!
電子書籍
葬儀・弁護士・ペットのけがや病気・高齢者ホーム…お悩みの方へお役立ち情報をお届けします

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

Tel 03-5337-0630

Fax 03-5337-0634


前のページに戻る