高齢者ホームの最前線
   
 
 76歳の山田仁美さんは14年前に糖尿病を患い、足腰がやや不自由になってしまいました。要介護1と判定されています。
 仁美さんは、大学を卒業した後、一般企業に総合職で就職しました。定年まで転勤を繰り返しながらもなんとか勤め上げました。
 未婚で子どももいないまま60歳を過ぎた頃から、仁美さんは将来の身の振り方を考えるようになりました。糖尿病を患ってからはより一層、将来について不安を感じるようになり、有料老人ホームへの入居を考えるようになりました。
 ホームに対する希望は、持病の糖尿病が進行しても同じホームにいられるような、医療が充実したホームということです。転勤の多かった仁美さんは、慌ただしい転居や転室はもうしたくない、できることなら死ぬまで同じところで暮らしたい、と思っています。
 現在の年金収入は月20万円程度ですが、預貯金は退職金を含め3000万円ほどあります。子どもはいないものの、妹の息子(甥)が身元引受人になってくれます。
 

▌ホーム探しのポイント

①看護師24時間常駐か、日勤帯常駐か
 ホームは基本的に管理栄養士が栄養バランスを考えてメニューを作ります。そのため、間食を必要以上に摂らなければ糖尿病が悪化することはありません。安心のために看護師24時間常駐のホームを選ぶのも選択の一つですが、現状インシュリン注射をしないのであれば、看護師が日勤帯常駐のホームを選ぶのも選択の一つです。
②協力医療機関の充実度を調べる
 ホームによっては、協力医療機関が往診のクリニックだけというところも少なくありません。内科以外にも診療科目のある総合病院や大学病院等が協力医療機関に指定されているのかもチェックしましょう。

 
◉東京

ベストライフ調布
23区、都下含め28件あり、すべて看護師が日勤帯常駐。独身寮や病院等を改装したホームが多く、内装や雰囲気がすべて異なります。

フローレンスケア荻窪/芦花公園
看護師早番、遅番の体制が整っており、糖尿病が悪化してインシュリン注射が2回以上となった場合でも対応が可能です。

ニチイホーム
多摩川緑地、板橋徳丸、墨田、杉並堀ノ内の4件が看護師24時間常駐。看護師日勤帯であれば23区、都下含め21件。介護業界大手で安心の内容。

メディス足立
看護師24時間常駐。PT(理学療法士)も常駐しており、リハビリ対応も可。医療法人が母体で医療面での安心感があります。

 
◉神奈川

ベストライフ大和中央
県内で30件あり。希望には反しますが、万が一糖尿病が悪化した際も、大和中央の徒歩圏内に看護師24時間常駐の系列ホームがあり移り住みが可能。

フェリエドゥ横濱鴨居/高座渋谷
看護師24時間常駐。給食会社が母体となっており食事に定評があります。高座渋谷は駅から徒歩約1分と好立地。

みどりの丘
看護師日勤帯常駐。訪問診療の医師と密な連携が取れており、ホームでの看取りが5割以上と医療連携での実績のあるホームです。

未来倶楽部保土ヶ谷
県内に13件あり。保土ヶ谷は看護師24時間常駐、入居金を上乗せすることにより月額費用が予算内になります。協力医療機関も多数あり医療の充実は随一。

ニチイホームはるひ野Ⅱ/登戸/海老名
ほか県内に18件、計21件あり。3件とも新築で作られており綺麗な内装となっています。医療のみならず認知症ケアも充実。

 
◉埼玉

未来倶楽部三郷/東浦和
ほか県内に三郷駅前の計3件あります。3件とも看護師24時間常駐。未来倶楽部全体で12件、看護師24時間常駐ホームがあり、医療の実績が豊かです。

ベストライフ大宮
県内に19件あり。大宮はクリニックが併設しており、医療での安心感があります。南浦和に看護師24時間常駐ホームがあり、万が一の際は移り住みも可能。

メディス川越/北越谷/越谷蒲生/深谷
県内に上記のほか武蔵浦和があり計5件。上記のホームはすべて看護師24時間常駐です。

ニチイホーム大宮
ほか県内に東浦和の計2件があります。大宮は看護師24時間常駐。ホーム数を活かしたホーム合同レクリエーションや職員勉強会をおこなっています

蓮田オークプラザ駅前温泉館
駅前温泉館に隣接する蓮田一心会病院をはじめ、近隣に医療機関・歯科医療機関があり、日々の健康管理や緊急時の迅速な対応に備えています。

 
◉千葉

アイホーム市川まつひ台
医療関係の会社も運営しており、病院との連携が強くしっかりとしたサポートを受けることができます。

あすみが丘グリーンヒルズ
オーナーが医師のため、いつでも駆けつけてくれる体制にあるのが最大の特徴。周囲に大きな公園があり自然が豊かなのも特徴の一つ。

メディス千葉浜野
看護師24時間常駐。PT(理学療法士)も常駐しており、リハビリ対応も可。医療法人が母体で医療面での安心感があります。